top of page

平屋の間取りを考えてみました

更新日:2022年3月11日


尾本住建 平屋の間取り01
尾本住建 平屋の間取り01

 

< 目次 >

 

平屋住宅の間取りを考えてみました。
 

設計される方で間取りの作り方は異なります。あくまで参考程度です。


敷地に余裕がある場合、平屋の住宅を希望されるお客様が増えてきました。2階建てに比べ、屋根・基礎面の増加により、どうしても高コストになってしまいがちですが、人気があります。また、3・4LDKの間取りは多くありますが、5LDK以上の平屋の間取りはあまりないので、今回は6LDKで、延べ床130㎡以下の間取りを一から考えてみます。


1. 仮想の条件 を整理してみます。

尾本住建 平屋の間取り02
尾本住建 平屋の間取り02


2. 敷地等の確認

敷地の接道、方位を確認します。進入路の位置で間取りは変化します。

尾本住建 平屋の間取り03
尾本住建 平屋の間取り03


進入路、排水などを確認しながら、建物・駐車・駐輪の配置をイメージします。

尾本住建 平屋の間取り04
尾本住建 平屋の間取り04

3. おおまかなゾーニング

おおまかなゾーニングをします。

ここでのゾーニングとは、ゾーンの区画分けのことをいいます。

尾本住建 平屋の間取り05
尾本住建 平屋の間取り05

動線などを考えます。

LDKを中心とした生活動線にしてみます。

尾本住建 平屋の間取り06
尾本住建 平屋の間取り06

4. モデュール(寸法の間隔)を決定

詳しくゾーニングして、モデュールを決定します。

モデュールは寸法の間隔です。徳島県・香川県の木造住宅は、1000・985・950・910㎜の寸法で間取りを計画されることが多いです。

尾本住建 平屋の間取り07
尾本住建 平屋の間取り07

5.手書きで間取りを下書き

耐震・採光・換気・立面のイメージなどを考えながら、手書きで図面を考えます。

尾本住建 平屋の間取り08
尾本住建 平屋の間取り08

6. 図面として仕上げる

調整をおこない、図面として仕上げます。

延べ床面積が129.18㎡の間取りが出来上がりました。

尾本住建 平屋の間取り09
尾本住建 平屋の間取り09

7. 立面図のイメージ

立面図のイメージです。

尾本住建 平屋の間取り10
尾本住建 平屋の間取り10

8. 収納スペースの確認

ゆとりのある収納スペースを、とれているか確認してみます。

尾本住建 平屋の間取り11
尾本住建 平屋の間取り11

鳥瞰パースで見てみます。これはなかなか・・・。

尾本住建 平屋の間取り12
尾本住建 平屋の間取り12

いい感じの間取りが出来上がりました。

最後まで見ていただき、ありがとうございます(^^♪

Comentarios


bottom of page