木にこだわる

尾本住建 森03.jpg

木がやっぱりここち良い

木で建てる、尾本の家。山地が多く、水源が多く、自然豊かな国。

その中でも南に位置する四国は、夏でも冬でも湿度は日本の中でも高く、建築部材について「木」は最も身近な建材として暮らしを支え続けています。

図6.jpg

「木の家」とりわけ無垢材を使った「家」はしなやかな強さと快適な生活空間を兼ね備えます。

図3.jpg

その特性を最大限に引き出すべく、大工職人たちが研磨してきた様々な施工技術は、現代になっても進化しながら伝承されています。

図5.jpg

しかし近年、住宅の工業化の流れ等により自然素材である木材を使用しない住宅も増加しています。

図7.jpg

様々な素材が住宅建築に用いられるようになった現代だからこそ 「木」 のよさに気付きます。

「木」という自然素材の特性が私たちに、もたらしてくれる様々な長所。木造建築のメリットが改めて見直されています。「木で家を建てる」こと、それは心地良い生活の場を提供するとともに、自然と共存してきた日本の文化を引き継ぐこと。 私たちは、これからも 「木の家」 にこだわります。

尾本のこだわりへ

断熱にこだわる

木造構造にこだわる

施工品質にこだわる

基礎構造にこだわる

さらなるこだわり