CONTACT

尾本住建株式会社 本社

〒771-2502 徳島県三好郡東みよし町足代 1706-1

Tel 0883-79-5033  Fax 0883-79-5037

© 2019 Copyright(C)Omoto juukenn Co.ltd All rights reserved

  • White Facebook Icon

柱 は ヒノキ・スギ を 土台 は ヒノキ と高品質な国産木材
梁・桁・棟木・母屋 は耐久性に優れた ベイマツ を仕採用

理想の注文住宅を実現するために、尾本住建ではヒノキをはじめとする高品質な国産材を使うことにこだわっています。特にヒノキ・スギは強くて軽いのが特徴で、定量あたりの計測では圧縮・引っぱりに対する強度は鉄よりも優れているという結果が出ています。

その他にもカビの増殖を抑えたり、ダニや白アリを防ぐ作用も認められています。このように優れた特性を持つ木材を、当社では一括大量仕入れと徹底したコスト管理により抜群のコストパフォーマンスでご提供しています。


基礎と構造は、住宅の安全性を決める重要なポイント。当社で手がける住宅は、柱をヒノキ又はスギの4寸柱(120mm角)又は3.5寸柱(105mm角)です。


3.5寸柱(105mm角)を仕様とする理由は、モデュールが関係します。モジュールとは間取りを計画する中で基準となる重要な基本寸法体系のことです。

 

一般的に四国で用いられる多くのモジュールは、910・950・985・1000になります。この寸法は柱と柱の中心間の寸法です。910モジュールで間取りを計画する場合、バリアフリーを確保する有効寸法が不足する恐れがあるため、3.5寸柱(105mm角)を用いることを標準仕様としています。