ダイニングキッチンと家具の関係


間取りを考える時、家具の大きさや配置によってプランは大きく変化します。例えば、生活スタイルの違い等です。ダイニングテーブルで食事をする場合と、リビングテーブルとダイニングテーブル兼用で食事をする場合があるとします。両者では、LDKの必要になる大きさは変化します。ソファを配置すると同時に、冬場はこたつを配置するならリビングに隣接して四畳半くらいのスペースがあったほうがいい等、家具の配置(レイアウト)等で間取りを考えていく必要があります。今回は、DK(ダイニングキッチン)と家具等の関係を考えてみました。


家具の寸法の表記

家具等の寸法表記の記号は

主に2パターンがあります。

・一般的な家具の表記

W(幅)×H(高さ)×D(奥行)

・ペット等の家具表記

L(長さ)×W(幅)×H(高さ)


最近あまり見かけませんが

・イスやソファなどは

SW(座面の幅)

SH(座面の高さ)

SD(座面の奥行)

p(人:〇人がけ)

等の記号があり、cm・mmなどで表されますが、建築図面で表記する場合は、mmで表記する場合が多いです。個人的に、お客様との打ち合わせ等では、記号での説明は分かりにくいので説明はしていません。幅・高さ・奥行と言った方が分かりやすいですよね(^^)


ダイニングテーブルの一般的な大きさ

2人用 幅 60cm~120cm

4人用 幅120cm~160cm

6人用 幅180cm~200cm

8人用 幅200cm~240cm

高さは70cm前後、